新年は患者着の手配仕事からスタートしました。

2019.01.17 Thursday

0

     

    今年目標のひとつに、ブログの更新をマメにしていこうと考えている今日この頃です。。

     

    さて、新年の治療室営業は7日からでしたが

    年明けて最初の仕事は患者着の配送手配でした。

     

    患者着つくりは、生地選びからはじまります。

     

    その後に生地の裁断、縫製を職人さんにお願いしていますが、

    注文が入ってお届けの前の最後の作業である「仕上げ作業」の工程を今日はご紹介したいとおもいます。

     

     

    縫い上がってきた商品は、まず検針をします。

    ミシン針などの異物混入が無いかをチエックし、

    その後にシミやよれが無いか全体の仕上がりを再確認しながらアイロンがけをします。

     

     

    家庭用のアイロンと違って工業用のアイロンは馬力ががあり、

    モクモクと蒸気が上がっています。

     

     

    次に、より仕上がりが綺麗になるよう

    紙を挟んで成形しながら畳みます。

     

     

     

    そして袋に入れて仕上がります。

     

     

    私も体験でアイロンをかけさせてもらいましたが、

    手際良く隅々までかけるのは経験が必要なことだと感じました。

     

     

    治療室ナチュレのFB(フェイスブック)でアイロンがけの様子を動画を載せていますので、そちらもどうぞ。

    https://www.facebook.com/nature.komayama

     

     

     

    こちらの患者着、作り続けて10年あまりが過ぎました。

     

    材料費、工賃など年々上がっていたのですが、これまで値段を変えずに販売してきました。

    今年は(春頃)値上げを考えていますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

     

     

    治療室ナチュレ

    JUGEMテーマ:日常

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2019.08.04 Sunday

    0
      コメント
      コメントする