ふと、気づくと。。

2015.03.20 Friday

0
    JUGEMテーマ:日常

     
    前回のブログでも治療室内の風景を紹介しましたが、今回も春を感じる話題です。

    入り口の扉にかかっている、「グレコマ」という植物は、シソ科の常緑多年草で、とても育てやすいのですが
    私はそれを良いことに、あまり手間をかけずに育てていました。
     
    でも、今日ふと見ると、可愛らしい薄紫の小さな花を咲かせているのを発見しました。
    なんて、可憐なんでしょう。。


     
    こちらの「エニシダ」も、元気な黄色の花を咲かせています。



    西洋では、大きく育てた「エニシダ」の枝からホウキを作ったそうです。
    魔女がまたがっている「空飛ぶホウキ」はこの「エニシダ」からできているんですね。
    育て方のポイントは高温多湿に弱いので、夏を迎える前にひと手間かけてあげる必要がありますが
    末永く世話したいとおもいます。

     
    高温多湿に弱いのは人間も同じです。
    海に囲まれた日本は、常に「湿」の邪気と上手くつき合っていくこととなります。
    また梅雨や夏などに体調を崩しやすいのも「湿邪」の影響と考えています。
    人も植物も「湿」と上手くつき合っていき、元気な花を咲かせたいですね。

    治療室ナチュレ
    www.nature-holistic.info