岐阜に行ってきました 〜美味しい甘味処 食いだおれ〜

2019.04.06 Saturday

0

    JUGEMテーマ:日常

     

    少し間が空いてしまいましたが、食いたおれ〜の続きを。。

     

    岐阜の町歩きで見つけたスイーツやお店をご紹介。

     

    二日目の朝は「宮川朝市」に出掛けました。

     

     

    雨が降っていたのでいつもに比べ出店が少なかったようなのですが、

    漬け物屋や飛騨牛串焼きなど、朝から食欲そそるお店が出ていました。

     

     

     

    こちら宮川朝市で食した美味しいもののご紹介。

     

    まず一件目に入ったのは、明治10年創業•林森堂で

    「おわら玉天」を頂きました。

     

     

    朝市では作りたての熱々が食べられます。

     

     

    ふわふわマシュマロのような食感で、明治時代の菓子とは思えぬほどシャレた口溶け。

     

     

    包む包装の版画は、なんと巨匠•棟方志功の版なんですって。

     

    他のお菓子「ひしきりこ」も上品な小豆の甘さで美味しかったです。

     

     

    宮川からぶらりと歩き、古い町並みへ。

     

     

    老舗の酒蔵が何軒かあり、

    そこで食べた酒粕のチーズケーキが絶品でした。

     

     

    さっぱりした旨味のあるチーズケーキです。

    関東に戻ってきても、また食べたいな〜と恋しくなる美味しさです。

     

    さらに歩くと、朝からひっきりなしにお客さんが出入りするお店

    「いわき」わらび餅屋さんです。

     

     

    朝にお邪魔したので、つくりたてのわらび餅が買えました。

     

    つるっとモチモチで、100個はいけるんじゃないかという美味しさでした。

     

     

    その後もぶらぶら食べ歩き。

    お団子食べて、五平餅もかぶりつき、幸せでした。

     

     

    急遽決行した、岐阜旅。

     

    前日の予約で泊まったお宿は、ゲストハウス「とまる」

     

    古い建物ですが、哀愁あって掃除が行き届いた素敵なゲストハウスでした。

    なんと一泊3000円(1人)でこれまた驚きです。

     

     

     

     

    世界中のバックパッカーが集まるお宿の雰囲気に

    昔を思い出し懐かしい気持ちになりました。

     

    おわり。